「小手先」で成果が出る時代は終わった

数年前まで「SEO」といえば、「大量の被リンクを貼る」「とにかくキーワードを埋め込む」など小手先の表面的な手法ばかりが叫ばれていました。そういった小手先の手法がインターネット上に蔓延することで、検索をしている人の役に立たないwebサイトばかりが表示されるようになりました。そのため、Googleが検索した結果を掲載するための「検索アルゴリズム」に大幅な修正を加えることになりました。この大幅な修正により小手先の手法が横行するSEOの時代は終わりを告げました。
現在では、webサイトを訪問した人にとって満足できるものであるかどうか、検索をしている人にとって役に立つかどうかが重要です。そのためwebサイトを訪問する人や検索をしている人をないがしろにする小手先の手法は現在の主流と逆行しているので、成果を出すことはできません。それどころか、webサイトとして立ち直れないほどの痛手を追ってしまう可能性の方が高いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*